【炎上!地獄の芸能界】「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」 高城剛氏が語っていた真相 「TBSはどうやって薬物をパスしたのか」

沢尻は帰国後にも騒動を起こす。2011年1月、「たかの友梨」のCMイベントでこう発言したのだ。「2ヵ月に及ぶ協議の結果、高城さんと離婚について意思合意することができました」  涙ながらの会見だったが、高城氏にとっては2度目の”寝耳に水”だった・・

「帰国前に、たしかに離婚を承諾するとは言いましたが、僕はその条件として、『エリカが自分の口で今まで起きたすべてのことを嘘をつかずに話すこと』とはっきり伝えています。彼女が言うような離婚協議は、一度たりともしていません」

 沢尻と高城氏の離婚が現在も成立していないことは言うまでもない。

「本人からも、本人が任せていると言う弁護士や、所属事務所からの連絡も今に至るまで一度もありません」

 沢尻が離婚に踏み切れないのは、高城氏との約束である”事実”を話すことができないからではないのか。

「僕が困っているのは、彼女との離婚そのものより も、マスコミが偏った報道をすることです。

 マスコミおよび、それに連なる『誰か』は、僕をつぶしたいのでしょう。その『誰か』の目的は明確で、エリカを『脱がせてカネにする』ことです。そのために、彼らは組織的にエリカの薬物問題を、隠蔽し続けてきたのだと思います」

 沢尻の薬物問題を隠蔽したメディアのひとつがTBSだという・・

・詳細は(source: 文春オンライン – 「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”

・《1リットルの涙》主演した沢尻エリカ明治神宮での挙式(2009年)

・気持ち悪いロリコンおやじ扱いされてたけど、結局ハイパーさんが一番まともだった件。

・avex松浦こいつも怪しい

・>> エリカは大手芸能プロに弱みを握られ、言いなりに動くしかないような人間でした。冷たいようですが、もっと骨のあるヤツだと思っていたので、残念ですね。今後もう、彼女と関わる事はないと思います。

よいね.

・この話がほんとなら高城氏まとも。

・そうかぁ、芸能事務所もテレビ局もグルじゃ沢尻エリカが捕まった時「自分は大丈夫だと思ってた」と言ってたのも納得だね。

・松浦。。なんと罪深き男

・なんだかサラッと
凄いこと書いてあるね(^^)

・なんかちょっとした映画になりそうな話じゃないか。そして高城さんていい人だったんだ。彼が薬物を勧めたのかと思ってた。そしてエイベックス、松浦勝人はクズだということが分かった。

・2011年のニュース映像

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10148672.html