水泳記録会で17選手が棄権・・・五輪金メダリストの萩野公介1人だけ泳ぐ珍現象が発生。会場騒然。。。

競泳の東京都シニア冬季公認記録会の最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、16年リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(25=ブリヂストン)が200メートル背泳ぎ、200メートル自由形に出場した・・

 短水路(25メートルプール)の記録会に、練習の一環として出場。背泳ぎは3組18選手がエントリーしていたが、17選手が棄権したために萩野は1人で黙々と泳ぎ、1分53秒31で1位だった。7組48人がエントリーした200メートル自由形は41人が棄権し、萩野が入った最終組は8人中7人が棄権。背泳ぎに続いて1人で泳ぎ、1分45秒48で全体の1位だった。

 複数種目にエントリーする選手がいることを考慮して、2日間とも同じ種目を行う記録会ならではの日程。1種目の登録でどちらか1日、または両日の出場が可能になる。萩野の出場した2種目は前日の第1日に泳ぎ終えていた選手が多かったために、棄権者が続出。五輪金メダリストが“1人旅”する珍現象が起きた・・

(source: スポニチアネックス – 萩野公介 17選手が棄権 “1人旅”の珍現象


・大会では無く記録会というのがポイントだね
複数種目にエントリーする選手のために2日間同じ種目があるんでしょ

・一人で泳ぐことになった理由がわからないです。
前日にも同じ種目があり他の選手は前日に泳いだからと言われても、じゃあなんで同じこと2回やるのとか、なんで他の人は両方エントリーしたのとか気になることだらけです。水泳界では常識かもしれませんが、記事にするのならそこも解説して欲しかった。

・記録会だから複数種目出場する選手の為の予備日なんだろう。選手の日程や体調を考慮した措置かな、「どちらかの日に出場してね」みたいな。
運営からすれば後で文句言われたくないだろうし。

・この大会は2日同じタイムテーブルで行われる記録会で同日に相模原で違う大会も行われてるので1日目だけ出場して2日目はそちらにと言う選手も多々います。

・貸し切り状態って言うのも珍しいですね
素人考えですけど、競争相手が居ないと言うのも何かテンション上がらなそう

・この記事の書き方だと「主催者のタイムテーブル設定がずさん」みたいな印象を受けてしまうなあ…
なぜそんな日程だったのか、背景まできっちり書いて欲しかった

・日曜しか来れないとか予備なんだろうね。荻野は前のにこれなかったから出てだけで。

・この試合は公認大会です。
もともと二日間で予定されていましたが大学生は二日目、辰巳での試合は出れず相模原で行ってる大学の試合に参加するためにこのような形ちになってしまいました。

参照:http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10156708.html