【岩手コロナ・岩手県コロナ】岩手県内9人感染 盛岡市や滝沢市などの10代から80代の男女9人 家庭内で感染広がる・・・情報がtwitterで拡散される

新型コロナ 新たに9人 家庭内で感染広がる/岩手(IBC岩手放送) – Yahoo!ニュース

岩手県と盛岡市は7日、新たに9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表しました。このうち5人は同居家族がすでに患者となっていて、家庭内での感染の広がりがみられました。

 新たに感染が確認されたのは盛岡市や滝沢市などの10代から80代の男女9人です。いずれも重症ではありません。
 このうち盛岡市の30代の男性と20代の女性は別居の親族です。先月29日から31日までの3日間、のちに感染が確認された県外の知人がこの男性の自宅に滞在していて、その際に接触があったということです。また、女性の知人である別の20代女性の感染もあわせて確認されました。
 滝沢市の30代の女性はクラスターが発生した盛岡市の教育保育施設の職員です。この施設に関係する患者は49人となりました。
 一方、スポーツ活動を中心とするクラスターでは、活動の参加者ですでに感染が確認された10代女性の同居家族2人からも新たにウイルスが検出されました。
 7日に発表された患者9人のうち5人はいずれも同居家族がすでに患者となっていて、家庭内での感染の広がりがみられました。県内の患者の累計は722人となりました。
 東北地方の7日の感染確認の状況です。宮城県は118人の感染が確認されました。福島県は45人で過去2番目に多い感染確認です。そのほか山形県は29人、青森県は11人、秋田県は8人でした。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/2ea1f46e754241054a6de8bcf6f10e5458fc1faf