【長野コロナ・長野県コロナ・松本コロナ・松本市コロナ】長野県内29人感染(松本市7人、上田市5人、南箕輪村4人、長野市3人など)松本市の教育施設で小学生など感染、どこの小学校?・・・情報がtwitterで拡散される

新型コロナ・長野県内で新たに29人感染確認、教育施設で小学生など感染 変異ウイルス92%に(SBC信越放送) – Yahoo!ニュース

長野県内で新たに29人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。
新たに感染が確認されたのは10歳未満から90歳以上の男女29人です。
市町村別では松本市7人、上田市5人、南箕輪村4人、長野市3人などとなっています。
このうち、松本市では、19日に感染が明らかになった男子児童が通う市内の教育施設で、小学生3人と職員3人の感染が新たに確認され、感染者は合わせて7人となりました。
市によりますと、施設は小学校ではないということです。
また、松本市の90歳以上の女性2人は市内の高齢者施設の利用者で、この施設の感染者は利用者4人、職員2人の合わせて6人になりました。
一方、県が、集団感染が起きた可能性があるとしている伊那保健所管内の飲食店で、新たに20代の女性従業員1人の感染が明らかになり、店の感染者は利用客5人、従業員8人の合わせて13人となりました。
また、県は17日からきのうまでに行ったスクリーニング検査の結果、検査対象の92.2%が変異ウイルス「N501Y」への感染だったと明らかにしました。
実質病床使用率は昨夜8時の時点で第4波では最高の47.2%となっています。
一方、県は、感染警戒レベルが「5」となっている伊那市、駒ヶ根市、箕輪町、南箕輪村、宮田村にあるおよそ860の飲食店の従業員の希望者を対象に、27日から無料でPCR検査を実施すると発表しました。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/5b14d79391003ba86c703567dc3e150f441af365